レイク 増額

初キャッシングで大人になった気分。

どうしても外せない用事があり
その際にどうしても資金が必要だったのです。

 

でも、手元にはもちろん日々の生活費しかなく
そのときだけ、とりあえずあれば・・という状況でした。

 

悩んだ末に、駅前でふと目に入った
「キャッシング」の文字。

 

10代の頃は「借金なんて・・・」とおもっていましたが
安定した収入があるから、借りた分、しっかり返せれば問題ない!
とおもって、キャッシングを申し込みしました。

 

まずは電話をしてみて
ドキドキしながらオペレーターの方とやり取りを済ませ
近くに、無人機があるとのことで
必要な書類などをもって行きました。

 

時間にして、およそ40分くらいだったでしょうか?
仕事先や、自宅への電話連絡等が心配でしたが
とくに必要なく必要な書類を機械にいれて
無事にキャッシングをすることができました。

 

手にしたお金を財布に入れ
さっそく、友人たちとの用事を済ませに行きました。

 

キャッシングしたあとの心境としては
”お金がない”という不安を払拭できたからか
とても清々しい気持ちでした。

 

もちろん、”返済”のこともしっかり考えていました。
いつの給料で全額返そうか。
日々の生活に支障のないように少しずつかえそうかな。
などなど、返済方法はいくらでもあるので
自分の経済状況に合わせて負担なく返済出来るのは魅力だと思いました。

 

結果、キャッシングが出来る環境をつくっておいたことで
いざとういう時に、現金を用意できる安心感を得られました。