レイク 増額

レイクの限度額を上げる方法

レイクの限度額決定方法は、自動審査によって決定されます。自動審査はほとんどがスコアリング採点方式といって、申込者の属性や年収、勤務年数や借入状況などに細かく点数をつけていき、何点以上ならいくら、というように自動で弾き出されるようになっています。また、過去の履歴を開示し、他社からの借入状況、申込状況、返済履歴、遅延、滞納などの履歴が問題ないかチェックします。ここで問題があった場合、限度額が低くなる場合はほとんどなく、審査に落ちてしまいます。審査に通ったが限度額が低かった場合は、それ以外の理由があると考えた方が良いでしょう。しかし、貸金業法により年収の3分の1以上は借りられないので、他社からの借入があった場合は差し引いた金額以上にはならないので注意しましょう。また、レイクで初めての利用時から3分の1ギリギリを貸してくれる場合はほとんどないと言っていいでしょう。基本的には年収の1割の限度額を申し込んで、後にレイクとの信用を作り、限度額引き上げを申し込むのがベストです。