主婦の借入には銀行のローンが有利です。

主婦の借入には銀行のローンが有利です。

主婦は、今の貸金業法では収入がないと考えられていますので、貸金業法で借入れる時には、ご主人の収入が返済源と見なされて、ご主人の同意書が必要となります。勿論主婦でもパートやアルバイトで安定した収入があれば問題ありませんが、専業主婦ではその収入がないと見なされます。ところが、銀行からの融資は、貸金業法の規定に規制されません。横浜銀行は赤字の企業にも融資する事がありますので、収入だけが返済源とする貸金業法の規定を受けません。
銀行系のカードローンでは、今までの実績からみて、独自の与信管理体制を取っています。ご主人の同意がなくても、一定の基準までの融資には応じてくれます。最近は銀行独自のカードローン事業を行っている銀行が増えてきています。小口の消費者金融は、従来の貸金業者だげなく、銀行系のカードローンも参入して競争が激化しています。一定の銀行口座の実績があれば、銀行系のカードローンと云えども、借入するのは、そんなに難しい事ではありません。
また、オリックス銀行カードローンの審査時間など、審査についてのさまざまな疑問について知っておくといいと思います。きっと役に立ちますよ。